青系やピンク系、緑系などの綺麗めのアイシャドウを上手に入れている人を街中で見かけるとすごいなあと思います。 メイクを始めたばかりの若い女性では、それらの色をはっきり強調しても活き活きと見えますが、大人だとなかなかそうもいきません。色使いが年々難しくなり、最後はどうしてもブラウン系やベージュ系になってしまいがちですよね。 地味色でも、パール感を活かしたようなお洒落なパレットも売られていますが、やはりたまにはほんのり明るい色を差したいと思うこともあります。そのためには、アイシャドウの入れ方をよく研究しなくてはなりません。 自分では、顔のベースカラーに合った色味のオレンジ系やグリーン系で、なるべく明度が低めの物を選ぶようにしています。これらに定番のベージュ系を重ねて使うと自然な感じで付き、肌がくすんで見えることもありません。 工夫次第で、無理だと思っていた色も馴染むようにできるので、いつも挑戦する気持ちを忘れないようにしたいですよね。