我が家では暑い夏でも熱いお茶を飲むことがよくあります。とくにお茶の葉自体にこだわりがあるわけではないので、そのつど手軽な価格のお茶の葉を購入しているだけなのですが、とにかく季節に関係なく熱いお茶を飲んでいます。 そして夏に熱いお茶を飲むと、冷たい飲み物よりも喉の渇きが癒えるような気がします。一見熱いのでゴクゴク飲むことが出来ないというのが余計喉が渇くような気がしますが、その逆で一気に飲むことが出来ないからこそ喉の渇きが少しの量で癒えるのです。 とはいえ少しの量の水分補給だけで脱水症状になってしまっては元も子もないので、夏は喉が渇く前にちょこちょこと熱いお茶を飲んでいます。 そしてもちろん寒い季節には夏以上にお茶が欠かせません。我が家では冬になると昆布茶や梅昆布茶を作って飲むことがよくあるのですが、そんな熱々のお茶を啜ると身も心も温まります。そんな時には日本人にはやはり熱々のお茶だなとしみじみと思う私です。