直接でないクレジットカードのやり方は容易です。クレジットを使ってそのまま取引できない物を直で取引するという方法ではなく遠まわしに購入する方が良いのです。説明が簡単というわけではじめに券の事例を用いて示してみたいと考えます。モデルとなる若者が一流のコートを買いたいと考えているとします。欲しがっているブランドアクセサリーを売っている所購入しようとしてもクレジットで購入することが出来ません。しかしAmerican Express、NICOSなどのギフト券を用いるなら支払う事を認めてくれるようなのです。ですからモデルとなる女性はクレジットで商品券を取り寄せした後で商品券を売っているショップに行きクレジットを使用してJCB、NICOSなどの券を買い取りするとします。そうしてクレジットカードを用いて買い付けたVISA、MasterCard、NICOSなどののギフト券をショップに所持して足を運び、求めていた価値のあるバックを買い付けたとします。「一体なぜ金券でそれを購入した若者は例のような面倒くさい手法をしているのでしょう?」と訝しむ事もあるかもしれませんが実のところ先ほど示した技法を使うのだったらではつく事はないクレジットカードポイントが獲得できます。いつものように、キャッシュを使う事で素晴らしいカバンを購入したりした時はカードローンポイントは手に入れられませんし、Diners clubなどの金券を即金で発注後に駆使してもクレジットポイントはもらえません。けれどもこの場合ではJCB、NICOSなどの商品券をクレジットで注文したため、ブランド服を買った分と同じような量のカードポイントが貯まるようになるのです。こういう場合が遠まわしにクレジットカードを活用した事であるので直接商品を買うのでないカードと呼ばれている仕方です。