婚活という言葉は、数年前まで存在しませんでした。ミトコプラス

誰が考えたのかはわかりませんが、最近はこういった「いろんなことに名前をつけて市民権を与えていろんな人を安心させる」新語が多いと感じます。顔のシミ取り

1人1人にやさしい社会になったとも言えるのではないでしょうか。結婚式場 見学 予約

なぜなら、「婚活中なんです〜」っていうのは、とても軽やかで悲壮感がない感じがするからです。メディブレイク 購入

実際には、孤独で、結婚に焦り、不安を感じ、必死にお見合いや出会い系サイトなどなどを利用しながら、虚しさに襲われる日々だったとしても、「婚活中で〜」とか言っとけば、その焦りや孤独の重さが伝わりづらいからです。すっぽん小町

言い訳になる、とでも言いましょうか。

「別にゲーム感覚で楽しくやってますよ、深刻さはないですよ」というアピールにもなりそうです。

こちらをおすすめします婚活サイト 口コミを参考にしてください。

そんな言葉がない時代は、「あの人、焦ってる」感を出さざるを得なかったり、周りにそう思われるのがどうしても嫌だという人は結婚したいと思いながらも積極的に行動するのを躊躇していたかもしれません。

かといって非婚化、少子化は続いているので、ネーミング以外に策を練ったほうがよいのかもしれませんが。