よくあるビギナー向けの外為取引の教科書では「損をしたケースではナンピンを入れることによって全体の平均の価格を抑える事ができる」と記述されていますが現実にはここには相当大きな引っ掛けが潜んでいます。県別標高ベスト 中日本 長野

最初に、ナンピン買いのロジックについて易しく説明しておきます。40代メンズファッション通販

ひとつの例として1ドル=100円でドルを買ったとします。http://xn--ruqr59duepyylodrik90c.xyz/

$買いのため円安ドル高に動くほど利益が大きくなるわけですが、思っていたのとは逆に95円まで円高・ドル安が進んでしまったとします。善悪の屑 無料画像

その状況で所有し続けたら損失が戻るためには、ドル安になった分円安に進む必要があります。赤十字病院 看護師求人

皆さん、損失は早めに取り戻したい思うでしょう。リノベーション

このため最初に買ったのと同額の$(ドル)を、1ドル=95円で売買します。

そうすると、平均の価格は1ドル=97.50銭まで低くすることができる。

この結果、2円50銭の幅でドル高に進めば損を失くすことが出来ます。

これが、ナンピンのロジックだ。

このような、ナンピンの手法を目にすると、「まちがいない」と考えたりするが外国為替市場はそう簡単には思った通りにはなりません。

元々、1ドル=95円より下がらないとは誰も分かりません。

仮定として、為替相場がかなりの円高ドル安地合だとすれば95円では下げ止まることなくさらに円高が加速する確率があります。

たとえば、1ドル97.50円でナンピンをした時に1ドル95円までドル安が進んだら、ナンピン買いしたポジションについても、マイナスが生まれます。

こういう状況では初めに持ったポジションと合わさって、より大きな為替差損が生じる事になります。

それゆえ、ナンピンは一筋縄でいきません。

ならば、市場が自身のストーリー展開とは逆の方向にさっさと進んだ場合どんな対策で危険の確率を管理すればいいのでしょうか。

こういう状態で選択できる手段は2つだけあります。

ひとつめはあきらめて、損失を確定する事です。

もうひとつは現在、持っている買いポジションを少なくして、再度為替相場が戻るのを大人しく待つことだ。

ずいぶん後ろ向きな対策だと感じる投資家もいるでしょう。

しかしながら、自分のポジションに差損が生じた場合最もリスクが低いやり方はこれ以外にはないです。

言うまでも無く、理論としてはナンピン買いをしてみる考え方もあるように思えます。

だがナンピン買いはあなた自身が損失を披っているのに買いポジションを縮小するどころか反対にポジションを積んでいく方法です。

この手段では、危険を回避することなど、どう頑張ってもできないと考えたほうがいいです。

ナンピンをし続ければいつの日にか損を取り返せるかもしれません。

だがしかし、そうなる先にお金がショートしてしまうだろう。